偏見多め・大手不動産会社のデメリット⑤選

不動産売却 2021.09.25

偏見多め・大手不動産会社のデメリット⑤選

大手不動産のデメリット

堺市の不動産売却、依頼する不動産仲介業者の選択

まだまだ「大手なら安心」

ちょいとアナログな方々が存在致します

「大手なら安心」の時代はもう昔話

そんな時代はもうとっくに終わっているのですよ

 

本日はそんな方の為に

大手不動産会社に売却を任せた際のデメリット

わたくしの少々強めの偏見・主観

ねじ込みつつむもご紹介

 

 

 

1一般売主が土地を売却の場合、
新築プランの提案ができず土地売りしかできない

大手の不動産仲介会社の営業マンの多くは

新築についての知識は皆無

 

その辺大手ではない地元業者のなかで

「建物まで請け負いまっせ」という会社のほうが

土地の売却活動と同時に

新築のプランニングまで行うので

購入検討者が前向きに検討しやすいという事が

多々あります

 

 

2取り扱い物件が多い為、
1つ1つの売物件に時間・広告費をかけてられない

やはり大手不動産仲介会社

ネーミングで古き時代の考え

「大手なら安心党」のアナログな民から

毎月それなりに売却依頼がきます

 

しかし、

1人で抱えれる売却物件には限界があり

キャパ超え大手不動産営業マンに任せた日には

なんの売却活動もされず放置プレー

ドMなあなたでもこれは勘弁でしょうよ

 

 

3定期的な人事異動があり、気がつけば担当が変わっている
新しい担当がついたとしてもそもそも物件に対して愛着が無い為やる気は皆無
いずれ誰にも売却活動すらされていないいにしえの物件へ

これも大手不動産仲介会社の宿命

人事異動は避けられません

不動産売却経験者の方々

売却依頼時と売買契約時、気がつけば

担当が変わっており、

完全アウェイの微妙な空気感

感じた事ありませんか?

 

 

 

4すぐに業者買取でまとめたがる
売却活動開始直後は売主の為に少しでも高く売ろうとするが、
時間がたてば物件資料片手に買取業者を回り巡る

最近は売却依頼を受けた瞬間

わざと少し高めの金額で売主から物件を預かり

「〇〇〇〇万円ならまとまりますよ」

地元不動産会社社長に買わせようと

謎のストロングスタイルで不動産会社をまわる

大手営業マンが存在します

 

 

社長様

経験ありますよね?

良い付き合いをしたいから

無理してでも大手営業マンから買った事

経験ございませんか?

心配しなくても

どんなに関係性を構築しても

数年後、そいつは

飛ばされているか異動でそこにはもういません

 

全国の社長様に伝えたい

 

そんな無駄金使うなら

一生の付き合いになるかもしれない従業員達と

焼肉や

その方が何倍にもなってかえってきますよ

 

ねーちゃんの店に使う金

そのお金で従業員と何回ご飯いける事か

経費があまるなら、従業員が稼げるように

広告費にぶち込めば解決

わけのわからん付き合い?集まり?団体?しらんけど

そんな時間あるならどれだけ従業員と喋れる事か

日本の未来、堺の未来語る前に

そんなんええから従業員と未来語ろうぜ

 

 

 

5そもそも会社の看板を振りかざして仕事をしている為、
出来る営業がさほどいない
大手不動産会社でばりばりと結果をだした営業マン、
晴れて独立するがピンの力がしれている事に気づき
散っていく男たちも。。。。

営業時代に

数々の不動産営業マンと契約を交わしましたが

だいたい普通

特別優れているなと思った営業マンは

これまでたった2名

それ以外は至って普通、若しくはそれ以下

 

しかし現実は凡人営業マンが

会社のお陰で数字が上がっている事をいい事に

おれ凄いぜと勘違いをしているだけ

誰とはいいませんが

所詮個人の力なんてものはしれてます

わたくし自身がなぜ前の会社で結果がでたか

 

それは前の会社のお陰

前会社社長が集客をしてくれて

現れた購入者・売却検討者の前に

立たせてくれただけなのです

 

ただそれだけ

過信は禁物

 

そんな営業マンに大切な不動産の売却を任せてしまえば

絶対に良い取引にはなりません

 

 

 

とまぁ以上となります

細かく書けばまだまだあるのですが、

この内容はあくまで

堺市で不動産の取引に携わってきたわたしが感じた事です

偏見もかなり含まれています

 

不動産会社で働いている方、

もしくは働かれていた方なら

絶対にわかってもらえる内容

不動産の売却は絶対に「会社の看板のみ」で選んではいけません

知り合いに不動産会社がいるから、、、

近くに不動産会社があるから、、、等で

簡単に依頼してしまう売主様がいらっしゃるのですが、

失敗しますよ⁉

 

大切な不動産の売却の際は

必ず複数の不動産会社に相談し

天秤にかけ

必ず

 

会社と担当となる営業マン

 

 

 

決めましょう

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 記事の一覧に戻る