あこぎな不動産会社のおはなし

不動産売却 2022.01.16

あこぎな不動産会社のおはなし

あこぎな不動産会社のおはなし

不動産を仲介で売却する売主様の気持ちは

「できるだけ高く売りたいから」

 

できるだけ高く売却する為

不動産仲介営業マンが欠かしてはいけない業務がございます

■チラシの配布

■ネットの広告

■レインズへの登録

全てどの規模の不動産会社でもできる

 

 

当たり前の事

 

 

 

しかし売却価格が大きく異なるおそれもあるぐらい

各会社、活動のが大きくことなるのはご存じでしょうか?

チラシの配布

最近はどのチラシを見ても

アホの一つ覚え

「このエリア限定で探されている~」
「〇〇万円で購入希望のお客様が~」

このようなチラシばかりに

不動産業者は広告費をかけています

目的は「商品集め」

 

不動産会社は売却物件を多く依頼を受けたほうが

購入検討者を多く集客できる為

購入検討者に向けたチラシよりも

不動産を所有している人達に

「今なら高く売れるんじゃないか」

妄想そして勘違いを呼ぶ商品集めの虚偽チラシを

これでもかというぐらい配布し続けるのです

 

このようなチラシは売主にとってなんの利益もありません

重要なのは賃貸住宅に配布する

「購入検討者に向けたチラシ」なのです

 

私の会社では

現在4名のポスティング専属のスタッフが

売主様の為、

チラシ配布に尽力して頂き

毎月数件の購入検討者から反響があり

成約に繋がっております

 

やはり、賃貸住宅に配布するチラシは

未だに重要のです

 

 

不動産会社からすれば、

そらリスクはありますよ

 

人件費等の経費がかかり、

ときにはアパートの大家からチラシの束を

着払いで会社まで返送して来てクソガキみたいな事もされます
(まぁ受け取り拒否しますけどね)

とまぁコストの件や集客効率を考えると

不動産会社は

賃貸住宅等に配布する購入検討者向けのチラシを

 

ばら撒きたがりません

 

 

売却依頼をする不動産会社は

絶対に賃貸住宅にも配布している会社に依頼

 

意外と殆どの会社まいてませんよ

 

家買いたい人の多くが購入希望の理由は

「賃貸住宅に住んでおり家賃がもったいない」

 

 

じゃどこに配布すべきかわかるでしょが

 

 

ネット広告

チラシに加え、

インターネット広告も非常に重要

 

例えば使用する写真、

セールスポイントを紹介するキャッチフレーズ等

 

購入検討者から見て、

いかに内覧する価値のある売却物件だという事を

いかに伝えるかがポイントとなります

 

 

モザイクだらけの写真、

見たことありません?

 

まぁ個人情報の兼ね合いもあり、

写さない方が良いものがあるのもわかりますが

 

写真を撮る営業マンが

どかせば良いだけの話

 

なんの為に

神様は我々人間に2本の手を与えたのでしょうか?

 

もはや「売る気あります?」みたいな写真も多々あります

ネットの掲載写真は大切です

 

 

続いてキャッチフレーズでよくある

「閑静な住宅街」

逆に騒がしい住宅街ってあります?

 

わたしの人生で見た殆どの住宅街は

閑静です

 

それ以外のキャツチフレーズないものなのでしょうか

 

売主様が新築当時に拘られた間取りや設備

住んでるからこそわかる利便性等

 

 

「プロならわかるだろ」と思うような寂しいキャッチフレーズ

あります

 

やはりネット広告は大切

 

 

あと今時、

ホームページ、SNS(インスタ・ツイッター)等

積極的に行っていない会社は

時代に乗り遅れている可能性が大なので

 

やめておいたほうが吉

 

 

どうせ店前に売買物件情報を沢山張り出しているような

昔ながらの不動産屋さん

 

 

わたくしの会社では

インスタでご縁を頂きましたお客様も珍しくありません

 

 

レインズへの登録

さすがにこれは殆どの不動産会社心配ありません

ルールを守り、

売主様の売却不動産が早期成約に繋がるように

レインズに掲載して他社へも販売協力を依頼しております

久々にあこぎな不動産会社存在しました

 

先日、

一括査定のイエウール(社員の態度がクソなので因みに僕はク〇ウールって言うてます)でご縁を頂きました

堺市堺区南三国ケ丘町6丁の築年数の経過したお家の売却を検討の売主様に

弊社スタッフがご訪問のタイミングを頂き

「売却を任せてください」と懇願したそうですが、

あえなく撃沈

 

それはそれでイライラして

そのスタッフを八つ裂きにしてやろうかと思ったのですが

他社を選んだ事により

売主様が安く売ってしまい不動産売却を

失敗してしまうじゃないですか!

 

 

 

案の定、その売主様の物件

2022年1月15日現在もレインズには掲載されておりません

 

さらにその不動産会社

その大切な売主様の売却物件を使って

インターネット広告で広告違反しちゃってます

 

売主様、早く気づいて下さい

良い条件で売るのは我々なのです

 

 

ことをたどれば弊社スタッフが

きっちりと専任で預かっておけば

売主様が危険にさらされる事なく

良い条件で取引できたのに、、、、、、

 

 

 

 

やはりそのスタッフ

八つ裂きにする事にします

 

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

ちーん

 

 

 

 

 

 

追記

2022年2月10日現在案内も物件資料もくれない状態

商談とかいうてますけど、どうせ買取業者に相談して

無茶な金額で売主に交渉いれているのでしょう

 

 

現在こちらの可哀想な売物件、

そのクソ業者以外、

新規の客もつけれない状態

 

 

そこの会社はもともと福〇不動産販売の従業員を寄せ集めた会社なのですが

まぁなぜこんなに元福〇の従業員は民度が低いのでしょうか

 

人様の不動産を弄ぶのはよくないですよ

 

 

それに比べて住友はクリーンですな

« 記事の一覧に戻る