1年間内覧なし・売却の目処がたたないマン…

不動産売却 2022.12.09

1年間内覧なし・売却の目処がたたないマンション・原因はいつもしょーもない事です

1年間内覧なし・売却の目処がたたないマンション・原因はいつもしょーもない事です

先日のハウスメーカのお話に続き

分譲マンション編

 

分譲マンションの場合

施工会社がそのまま管理しているケースが多く

その流れで

マンション売却を管理会社に依頼される方が

多くいらっしゃいます

 

 

今回ご相談頂きました売主様が

まさにそのケース

管理会社から届く
「マンション売りませんか?今なら仲介手数料〇%割引」のDMをきっかけに

マンション売却を依頼

 

 

管理しているマンションなので

なぜか意味不明に自信満々の営業マン

 

しかし

待てど暮らせど

内覧希望者すら現れず早1年が経過してましたとさ

 

住み替えを強く希望された売主様は

いてもたってもおられず

わたくしどもの会社にご相談頂きました

 

 

販売状況を売主様に具体的にヒヤリング

まず最初にわたくしの目にとまったのが

 

外観写真、室内写真のクオリティの低さでした

「またか」と思われる方も多いと思うのですが、

本当に写真に拘らない不動産仲介会社が

この堺市内には山ほど存在するのです

 

 

流れで売主様にはその不動産会社とバイバイして頂き

わたくしどもが売却のお手伝いさせて頂く事となったのです

 

 

 

そもそも販売価格が納得いってなかった売主様は

「不動産会社も変えるんだし、あんたらならもう少し高く売れるだろ」と、、、、

 

望むところです

 

まずは全ての写真を再撮影

スティーブ・ジョブ氏の意思を継ぐ我らのあいふぉーんを駆使して

全ての写真を差し替えました

 

 

結果

1年間、内覧も現れなかったマンション

我らが価格をあげて売却活動開始

外観写真の差し替えで内覧4件

室内写真の差し替えで無事

売れちゃいました

 

 

 

 

 

このように

不動産の売却は

些細な事で苦戦を強いられるのです

 

 

依頼している不動産仲介会社の活動内容に

満足していないのであれば

サヨナラする覚悟も必要って事ですな

 

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

本日の動画です

わたくしに時間を少々下さい

あわよくばチャンネル登録してください

どれだけ不動産会社に嫌われようと

拙者事実を伝えますので

 

 

 

 

 

 

 

 

« 記事の一覧に戻る