仲介手数料を下げる事により失う2つの事

不動産売却 2023.01.20

仲介手数料を下げる事により失う2つの事

仲介手数料を下げる事により失う2つの事

不動産の売却には諸経費が必要です

そらまぁおっきな金額が必要なわけです

 

必要な諸経費としまして

不動産仲介会社に支払う手数料(取引価格×3%+6万円)

司法書士費用(3万~5万円)

その他売主様によっては

残置物撤去費用、相続費用、境界費用などなど

必要なケースがあります

 

 

とにかく不動産の取引の諸経費は

安くないのです

 

 

今のご時世

検討に検討を重ね、常に検討

そして加速して検討を進め豪快に増税が繰り返される中

不動産売買の諸経費は一般庶民のご家庭にはかなりのダメージとなっているこの状況

極めて遺憾であります

 

そんな状況下

まず皆様が考える事

「仲介手数料」やすならんのかな?

 

少しでも案件のほしい不動産会社であれば

すぐにプライスダウンしてくるでしょう

いや、言い方によっては半数以上の不動産会社は

値引いてくれるとわたくしは予想しております

 

 

しかし

仲介手数料の値引きを成功する事により

大打撃の受ける可能性がある

2つのデメリットがあるのです

 

 

本日の動画

「仲介手数料を値引く事により訪れる二つリスク」

ご紹介

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

« 記事の一覧に戻る